スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

闇の記録 No.3

闇の記録 No.3

闇の記録 No.3 佐藤プロ
1962年発行(「劇画の星」をめざして・佐藤まさあき作品リストにて確認)
定価170円
-----------------------------------------------------
 麻薬シリーズ②立入禁止 佐藤まさあき
 ころし屋ジョー 望月あきら
 いやな野郎たち 久しゅういち
 ぶっ倒せっ 高橋まさゆき

 お便りぼしゅう
-----------------------------------------------------

以前に闇の記録のNo.1、No.2、No.4、No.5(※)を紹介しましたが、やっとNo.3を入手、全部そろえることができました。
ただ、この本は「立入禁止」の最後の1ページが落丁…そのおかげ(?)で格安だったので良しとしましょう。
「立入禁止」は山奥でのケシの栽培にからんだサスペンスです。

「ぶっ倒せっ」がなかなか良かった。売名目的で芸能人とつきあう新人ボクサーがすっごいイヤな奴で面白い。

※:闇の記録のNo.1
  闇の記録のNo.2
  闇の記録のNo.4
  闇の記録のNo.5
スポンサーサイト
   16:38 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

闇の記録 No.5

闇の記録 No.5

闇の記録 No.5 佐藤プロ
1963年発行(貸本マンガ史研究15・佐藤まさあき作品リストにて確認)
定価170円
-----------------------------------------------------
 麻薬シリーズ 禁断症状 佐藤まさあき
 穴 久しゅういち望月あきら
 夜行列車 菅まさひこ

 ふぁんROOM
 ざ・えんど
-----------------------------------------------------

闇の記録 No.5 禁断症状
「禁断症状」の扉絵が、とても恐ろしい雰囲気だ。
「禁断症状」のあとがきが面白いので、一部引用する。

 私は銃の許可のことなんかで、淀橋署の保安課へはよく顔を出す。保安課といえば、銃の許可などのほかに麻薬などの事件も扱っている。そして、新宿淀橋署といえば麻薬のメッカである。署へ顔を出すと大てい麻薬患者が調書をとられている所へ出っくわす。

 私はこうして現実の患者の生態を見たわけだが、禁断症状にあえぐ患者というのは、私のみた限りでは、映画なんかでよくやるような大げさなものではないように思った。まず共通点は、私の見た患者のどれもが「さむい、さむい」を連発していた。そして、「捕まって損しちゃった…」だとか「俺ばっかりどうしてこう責められるんだい…」とか、禁断症状の間にもこんな愚痴をブツブツこぼしていたから、禁断症状としてはごく軽い患者だったのかもしれない。

 顔はみないち様に青白く腕などをみると恐ろしいくらいにやせ細っている。私が以前新宿柏木のアパートにいたとき、近所の風呂屋で、老人の麻薬患者をみたが、これが人間か…と思われるほどのやせようで、風呂の中できれてきたらしく、吐いたり倒れたりして苦しんでいた。すっ裸でのたうち廻る老人の姿は悲惨であった。


「穴」は目次では久しゅういち望月あきらの連名になっているが、扉絵には久しゅういちの名前しかない。


「闇の記録 No.5」には佐藤プロ専属モニターの募集、新しい短篇誌の題名募集(「闇の記録」を改題し、装いを新たに新発足するので新しい題名を募っている)、新企画の募集のお知らせがのっている。


   17:32 | Trackback:0 | 本文:0 | Top
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  岡友彦  集英社  呪みちる  辰巳ヨシヒロ  宮西計三  ぶんか社  小島剛夕  菅まさひこ  平凡社  山川惣治  別冊太陽  長田ノオト  高橋真琴  青林堂  花輪和一  太田出版  T・ながさわ  久しゅういち  ブロンズ社  朝日ソノラマ  三洋社  丸尾末廣  松森正  望月あきら  青林工藝舎  ソフトマジック  楳図かずお  けいせい出版  旭丘光志  K・元美津  チクマ秀出版社  ありかわ栄一  久保書店  萩尾望都  ひさうちみちお  魔夜峰央  白泉社  リイド社  谷口トモオ  つばめ出版  伊藤潤二  セントラル文庫  東考社  文藝春秋  エイプリル出版  徳間書店  美術出版社  桜井昌一  光文社  松文館  風忍  奇想天外社  篠原とおる  石川フミヤス  水木しげる  さいとう・たかを  五十嵐幸吉  楠勝平  つげ義春  白土三平  開扇亭  園田光慶  巴里夫  みやはら啓一  長島すすむ  湧井和夫  太平洋文庫  橋本将治  谷川きよし  あずま社  木村よしかず  うえき・まさし  山口賢裕  真田賢治  角川書店  ヒロ書房  彷徨舎  アルフォンス・イノウエ  奢霸都館  復刊ドットコム  兎月書房  日の丸文庫  落合芳幾  リブロポート  栗原としあき  伊藤彦造  講談社  いとう芳明  柏原慎太郎  宝島社  別冊宝島  鬼道譲二  村山一夫  えすとりあ  吉田竜夫  エンゼル文庫  月岡芳年  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。