スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

アリエス

アリエス

アリエス 青林工藝舎
2001年10月15日発行
定価1400円
---------------------------------------------------------------------------
 美麗天然色口絵
  山本タカト
  佐伯俊男
  丸尾末広

 色彩間苅豆 丸尾末広
 冷たい魚 成田朱希
 [イラスト]Luna creaking 成田朱希
 紅色奇譚 吉田光彦
 卵殻 松井たまき
 [コラム]ぬばたまの夢野久作幻想譜 睦月影郎
 [コラム]女怪の町 蜂須敦
 
 挿絵 逆柱いみり

 [イラスト]山の幸 花輪和一
 膨張のトルソー 大越孝太郎
 悪夢に棲む影 谷弘兒
 [コラム]ーフランス耽美系出版の現在ー至上のエロス、肉体のオブジェ にむらじゅんこ
 爪に絵を描く女 河井克夫
 人面疽 萩原利夫
 [コラム]投稿欄の華麗な世界 唐沢俊一
 ヨントウショウの夜 春礼六
 [小説]空を掴む 鈴木漁生
 
 挿絵 三本美治

 Dont'SKINNY 宮西計三
 好奇心以上 早見純
---------------------------------------------------------------------------

久々の更新です。
怪奇と耽美の詰まった雑誌です。何せ表紙が丸尾末広ですから!
私は宮西計三のマンガが特に読みたくて買った覚えがあります。氏のマンガはなかなか発表されませんから。
宮西計三はトーンワークもかけ網も点描も本当に素晴らしいです。構図とかデザイン性も好き。どれほど時間がかかるのだろう。

耽美というとこと漫画界においては、BLを表すのに使う傾向にある気がするのですが、あれには違和感があって
このアリエスの中の世界みたいなのが耽美だと思うのですよね。
スポンサーサイト
   16:00 | Trackback:0 | 本文:2 | Top

改訂版・赤ヒ夜 花輪和一

改訂版・赤ヒ夜 花輪和一

改訂版・赤ヒ夜 花輪和一 青林工藝舎
2013年3月25日初版発行
定価1300円
-----------------------------------------------------
 赤ヒ夜
 帰還
 猟人
 醜悪ゴキブリ男
 怨獣
 かいだん猫
 因業地獄女「倉」
 かんのむし
 繭
 猫になりたくないから
 つぼあかご・第壱話
 つぼあかご・第弐話「かかと」
 牛耳る女
 玉の価はかりなき事
 心の影

 解説
  「花輪和一 引き算のリアリスト」赤瀬川原平
 付録マンガ
  「進退なき事態」
-----------------------------------------------------

このブログでは絶版している本しかのせないぞ、と思っていたんですけど
嬉しいのでのせてしまいます。

最近、出版されたばかりのこの本ですが、アックスストアのサイン本の予約販売で購入したのです。
つまり、サイン入り!
結構、ミーハーなのですよ。私は。。。
地方に住んでいるとサイン会に行く機会なんてなかなかないので有難いです。


サイン。亀の判子が可愛らしい。

改訂版・赤ヒ夜 特製カバー
さらに、特製ブックカバーもついておりました。

太っ腹、青林工藝舎

それにしても、表紙絵が素晴らしいですよね。宗十郎頭巾の男の眉の角度が最高です…!画風は最近のものより初期の伊藤彦造っぽいのが好きなので尚更です。
   09:50 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

江戸昭和競作 無惨絵―英名二十八衆句

江戸昭和競作 無惨絵

江戸昭和競作 無惨絵―英名二十八衆句 リブロポート
画【昭和】花輪和一 丸尾末廣
画【江戸】月岡芳年 落合芳幾
1988年1月20日初版発行
定価2900円
---------------------------------------------
 賛
  二〇世紀末嗜好症 あがた森魚
  ほとばしる良識、あふれる侠気 荒俣宏
  ドラマチックこそ恐怖なのだ! 楳図かずお
  アナタの「血」は美味しくない 遠藤ミチロウ
  ワインレッドのしたたり―血と臓腑への愛 落合清彦
  ″清潔″な時代の″汚れた血″ 川本三郎
  太平に倦む 杉浦日向子
  もし今、芳年が 瀬木慎一
  曼珠沙華の花粉のような 宗谷真爾
  昭和無残絵への期待 都築道夫
  丸尾さん花輪さんへ 細野晴臣

 解説
  今、なぜ残酷絵なのか 高橋克彦

 新英名二十八衆句
  花輪和一 丸尾末廣

 英名二十八衆句
  月岡芳年 落合芳幾

 解説
  『英名二十八衆句』について 宗谷真爾
  作品解説 
---------------------------------------------

目次が少々長くなってしまいましたが、賛にメッセージを寄せているのがなかなか豪華なメンツだったので列記してみました。
実は絵のタイトルも書こうかと思ったのですが、あまりに長くなるので省きました。

ちなみに、私が一番気に入っている絵は丸尾末廣の「甘粕正彦」です。

裏表紙はこちら。
江戸昭和競作 無惨絵

本についていた署名入の紙です。
江戸昭和競作 無惨絵 についていた署名


ところで、復刻されるらしいですね。
http://www.enterbrain.co.jp/product/comic/beam_comic/09257601.html
月岡芳年落合芳幾の分はカットみたいですが。
   19:31 | Trackback:0 | 本文:0 | Top
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  宮西計三  岡友彦  呪みちる  菅まさひこ  花輪和一  辰巳ヨシヒロ  青林工藝舎  ぶんか社  小島剛夕  集英社  平凡社  朝日ソノラマ  別冊太陽  長田ノオト  山川惣治  アルフォンス・イノウエ  ブロンズ社  丸尾末廣  青林堂  太田出版  ソフトマジック  けいせい出版  三洋社  高橋真琴  松文館  久しゅういち  望月あきら  楳図かずお  松森正  T・ながさわ  エイプリル出版  萩尾望都  桜井昌一  長島すすむ  奇想天外社  うえき・まさし  光文社  徳間書店  五十嵐幸吉  さいとう・たかを  水木しげる  篠原とおる  楠勝平  みやはら啓一  美術出版社  風忍  山口賢裕  丸尾末広  セントラル文庫  兎月書房  あずま社  伊藤潤二  湧井和夫  つばめ出版  谷口トモオ  リイド社  白泉社  東考社  文藝春秋  魔夜峰央  真田賢治  ひさうちみちお  木村よしかず  つげ義春  チクマ秀出版社  宝島社  柏原慎太郎  奢霸都館  別冊宝島  ヒロ書房  彷徨舎  角川書店  復刊ドットコム  伊藤彦造  橋本将治  鬼道譲二  エンゼル文庫  吉田竜夫  えすとりあ  講談社  いとう芳明  レイミアプレス  石川フミヤス  ありかわ栄一  K・元美津  旭丘光志  久保書店  巴里夫  白土三平  村山一夫  園田光慶  月岡芳年  太平洋文庫  日の丸文庫  開扇亭  栗原としあき  落合芳幾  リブロポート  谷川きよし  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。