スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

アサヒグラフ1967年11月24日号

アサヒグラフ1967年11月24日号 表紙

アサヒグラフ1967年11月24日号 朝日新聞社
定価120円

「劇画 このマンガ界の暴れん坊」という記事が載っています!写真の男性はカムイ伝でおなじみ、白土三平氏です。
アサヒグラフ1967年11月24日号 白土三平

グラフ誌だけあって、写真が豊富です。

つげ義春
アサヒグラフ1967年11月24日号 つげ義春

水木しげる
アサヒグラフ1967年11月24日号 水木しげる

小島剛夕
アサヒグラフ1967年11月24日号 小島剛夕

佐藤まさあき
アサヒグラフ1967年11月24日号 佐藤まさあき

さいとうたかを氏(アサヒグラフの記事が「さいとう・たかを」でなく「さいとうたかを」となっていたのでこの表記とします。いつから「・」を入れるようになったのだろう…)
アサヒグラフ1967年11月24日号 さいとうたかを

辰巳ヨシヒロ
アサヒグラフ1967年11月24日号 辰巳ヨシヒロ

若手(左から五十嵐幸吉氏、楠勝平氏、みやはら啓一氏、みやわき心太郎氏)
アサヒグラフ1967年11月24日号 若手


敬愛する佐藤まさあき先生はなかなかフィーチャーされております!
「黒い傷痕の男」のあらすじが紹介されていたり、佐藤まさあきは「ヤクザ作家」と呼ばれた、なんて書いてあります。

また、佐藤先生のこんな発言も

ぼくは早い時期に両親を失い 早くから社会の矛盾や偏見にめざめた そうしたものへの怒りをぼくはせいいっぱい書いているのだ

劇画作家とは

底辺に生きる人びとを相手に、その共感を得ることを喜びとして生きてきた連中

テーマ

自己憐憫、復讐、反権力、偏見、それに人間疎外とそこからの自己回復

クサイものにはフタをしろという態度は犯罪だ。これでは真実はかくれるばかりではないか。いまのこどもは、いわば大人こどもで既成概念のかたまりだ。そいつをぶっこわしてやって、それがどんなにいやなものだろうと真実に目をそそぐようにしてやるのだ

スポンサーサイト
   20:52 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

アックス 第104号 追悼辰巳ヨシヒロ

今更ながら、「アックス 第104号 追悼辰巳ヨシヒロ」を読みました。

実は私、そんなに辰巳ヨシヒロ作品は読んでいないのです。
もちろん「劇画漂流」は読んでいますけど、貸本作品となると一つも読んでいないんですよね…。
だから、いまいちピンとこない所なんかもあったんですが、池上遼一さんの寄稿は読んでいて面白かったです。

池上遼一さんが劇画工房みたいにマンガの仲間がいてっていうのがうらやましかったという内容をおっしゃってて、私もあるあるって。
私も一時期、マンガ家になりたいなんて思っていた時期があったんですよ。絵を描くのも好きだったし。
もちろんマンガ好きは周りにいるんですけど、私は何故だか自分が生まれる以前のマンガに魅かれることが多くて、深い話はできないのね。
だからね、本当に好きなマンガの話をできる相手がいたらなぁとよく思いました。
今でも、まんだらけのBLコーナーでキャッキャと楽しそうな女性集団なんか見ると羨ましいですよ!

と、すっかり話がずれてしまいましたが、「アックス 第104号 追悼辰巳ヨシヒロ」面白かったです。
佐藤まさあきファンなので、少し佐藤まさあき先生の話も出てきて嬉しかったな。
   20:58 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

劇画大学 辰巳ヨシヒロ

劇画大学 辰巳ヨシヒロ

劇画大学 辰巳ヨシヒロ ヒロ書房
1968年1月10日初版発行
------------------------------------------
 まえがき

 第1章 劇画の歩み
 第2章 劇画化のプロフィール
 第3章 作品集
   マンモスフラワー 水木しげる
   沼 つげ義春
   失いたるものの世界 辰巳ヨシヒロ
 第4章 劇画のテクニック
 第5章 劇画問答
 第6章 劇画・その他
   単行本出版社・プロダクション
   劇画年表・劇画家住所録
   辰巳ヨシヒロ作品リスト
   劇画星座

 あとがき
------------------------------------------

劇画の名付け親である辰巳ヨシヒロさんが劇画についての考察を記した本。
第1章の「劇画の歩み」は回顧録、第2章の「劇画化のプロフィール」はいろんなマンガ家から劇画に対する考えを短く語っている。
「劇画化のプロフィール」に登場するマンガ家は下記の通り。
 ・手塚治虫
 ・白土三平
 ・水木しげる
 ・小島剛夕
 ・さいとうたかを
 ・平田弘史
 ・つげ義春
 ・佐藤まさあき
 ・永島慎二
 ・江波譲二
 ・いばら美喜
 ・影丸譲也
 ・旭丘光志
 ・楠勝平
 ・横山まさみち
 ・三智伸太郎
 ・南波健二
 ・みやわき心太郎

資料として貴重な本です!
劇画の歴史に興味のある人にはおすすめ。

ところで、辰巳ヨシヒロさんの「劇画漂流」を原作としたアニメ映画が11月から公開になりますね。
映画「TATSUMI マンガに革命を起こした男」オフィシャルサイト
   16:55 | Trackback:0 | 本文:5 | Top
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  岡友彦  集英社  呪みちる  辰巳ヨシヒロ  宮西計三  ぶんか社  小島剛夕  菅まさひこ  平凡社  山川惣治  別冊太陽  長田ノオト  高橋真琴  青林堂  花輪和一  太田出版  T・ながさわ  久しゅういち  ブロンズ社  朝日ソノラマ  三洋社  丸尾末廣  松森正  望月あきら  青林工藝舎  ソフトマジック  楳図かずお  けいせい出版  旭丘光志  K・元美津  チクマ秀出版社  ありかわ栄一  久保書店  萩尾望都  ひさうちみちお  魔夜峰央  白泉社  リイド社  谷口トモオ  つばめ出版  伊藤潤二  セントラル文庫  東考社  文藝春秋  エイプリル出版  徳間書店  美術出版社  桜井昌一  光文社  松文館  風忍  奇想天外社  篠原とおる  石川フミヤス  水木しげる  さいとう・たかを  五十嵐幸吉  楠勝平  つげ義春  白土三平  開扇亭  園田光慶  巴里夫  みやはら啓一  長島すすむ  湧井和夫  太平洋文庫  橋本将治  谷川きよし  あずま社  木村よしかず  うえき・まさし  山口賢裕  真田賢治  角川書店  ヒロ書房  彷徨舎  アルフォンス・イノウエ  奢霸都館  復刊ドットコム  兎月書房  日の丸文庫  落合芳幾  リブロポート  栗原としあき  伊藤彦造  講談社  いとう芳明  柏原慎太郎  宝島社  別冊宝島  鬼道譲二  村山一夫  えすとりあ  吉田竜夫  エンゼル文庫  月岡芳年  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。