スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

アックス 第104号 追悼辰巳ヨシヒロ

今更ながら、「アックス 第104号 追悼辰巳ヨシヒロ」を読みました。

実は私、そんなに辰巳ヨシヒロ作品は読んでいないのです。
もちろん「劇画漂流」は読んでいますけど、貸本作品となると一つも読んでいないんですよね…。
だから、いまいちピンとこない所なんかもあったんですが、池上遼一さんの寄稿は読んでいて面白かったです。

池上遼一さんが劇画工房みたいにマンガの仲間がいてっていうのがうらやましかったという内容をおっしゃってて、私もあるあるって。
私も一時期、マンガ家になりたいなんて思っていた時期があったんですよ。絵を描くのも好きだったし。
もちろんマンガ好きは周りにいるんですけど、私は何故だか自分が生まれる以前のマンガに魅かれることが多くて、深い話はできないのね。
だからね、本当に好きなマンガの話をできる相手がいたらなぁとよく思いました。
今でも、まんだらけのBLコーナーでキャッキャと楽しそうな女性集団なんか見ると羨ましいですよ!

と、すっかり話がずれてしまいましたが、「アックス 第104号 追悼辰巳ヨシヒロ」面白かったです。
佐藤まさあきファンなので、少し佐藤まさあき先生の話も出てきて嬉しかったな。
スポンサーサイト
   20:58 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

改訂版・赤ヒ夜 花輪和一

改訂版・赤ヒ夜 花輪和一

改訂版・赤ヒ夜 花輪和一 青林工藝舎
2013年3月25日初版発行
定価1300円
-----------------------------------------------------
 赤ヒ夜
 帰還
 猟人
 醜悪ゴキブリ男
 怨獣
 かいだん猫
 因業地獄女「倉」
 かんのむし
 繭
 猫になりたくないから
 つぼあかご・第壱話
 つぼあかご・第弐話「かかと」
 牛耳る女
 玉の価はかりなき事
 心の影

 解説
  「花輪和一 引き算のリアリスト」赤瀬川原平
 付録マンガ
  「進退なき事態」
-----------------------------------------------------

このブログでは絶版している本しかのせないぞ、と思っていたんですけど
嬉しいのでのせてしまいます。

最近、出版されたばかりのこの本ですが、アックスストアのサイン本の予約販売で購入したのです。
つまり、サイン入り!
結構、ミーハーなのですよ。私は。。。
地方に住んでいるとサイン会に行く機会なんてなかなかないので有難いです。


サイン。亀の判子が可愛らしい。

改訂版・赤ヒ夜 特製カバー
さらに、特製ブックカバーもついておりました。

太っ腹、青林工藝舎

それにしても、表紙絵が素晴らしいですよね。宗十郎頭巾の男の眉の角度が最高です…!画風は最近のものより初期の伊藤彦造っぽいのが好きなので尚更です。
   09:50 | Trackback:0 | 本文:0 | Top
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  岡友彦  集英社  呪みちる  辰巳ヨシヒロ  宮西計三  ぶんか社  小島剛夕  菅まさひこ  平凡社  山川惣治  別冊太陽  長田ノオト  高橋真琴  青林堂  花輪和一  太田出版  T・ながさわ  久しゅういち  ブロンズ社  朝日ソノラマ  三洋社  丸尾末廣  松森正  望月あきら  青林工藝舎  ソフトマジック  楳図かずお  けいせい出版  旭丘光志  K・元美津  チクマ秀出版社  ありかわ栄一  久保書店  萩尾望都  ひさうちみちお  魔夜峰央  白泉社  リイド社  谷口トモオ  つばめ出版  伊藤潤二  セントラル文庫  東考社  文藝春秋  エイプリル出版  徳間書店  美術出版社  桜井昌一  光文社  松文館  風忍  奇想天外社  篠原とおる  石川フミヤス  水木しげる  さいとう・たかを  五十嵐幸吉  楠勝平  つげ義春  白土三平  開扇亭  園田光慶  巴里夫  みやはら啓一  長島すすむ  湧井和夫  太平洋文庫  橋本将治  谷川きよし  あずま社  木村よしかず  うえき・まさし  山口賢裕  真田賢治  角川書店  ヒロ書房  彷徨舎  アルフォンス・イノウエ  奢霸都館  復刊ドットコム  兎月書房  日の丸文庫  落合芳幾  リブロポート  栗原としあき  伊藤彦造  講談社  いとう芳明  柏原慎太郎  宝島社  別冊宝島  鬼道譲二  村山一夫  えすとりあ  吉田竜夫  エンゼル文庫  月岡芳年  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。