スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

闇の記録 No.3

闇の記録 No.3

闇の記録 No.3 佐藤プロ
1962年発行(「劇画の星」をめざして・佐藤まさあき作品リストにて確認)
定価170円
-----------------------------------------------------
 麻薬シリーズ②立入禁止 佐藤まさあき
 ころし屋ジョー 望月あきら
 いやな野郎たち 久しゅういち
 ぶっ倒せっ 高橋まさゆき

 お便りぼしゅう
-----------------------------------------------------

以前に闇の記録のNo.1、No.2、No.4、No.5(※)を紹介しましたが、やっとNo.3を入手、全部そろえることができました。
ただ、この本は「立入禁止」の最後の1ページが落丁…そのおかげ(?)で格安だったので良しとしましょう。
「立入禁止」は山奥でのケシの栽培にからんだサスペンスです。

「ぶっ倒せっ」がなかなか良かった。売名目的で芸能人とつきあう新人ボクサーがすっごいイヤな奴で面白い。

※:闇の記録のNo.1
  闇の記録のNo.2
  闇の記録のNo.4
  闇の記録のNo.5
スポンサーサイト
   16:38 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

闇の記録 No.4

闇の記録 No.4

闇の記録 No.4 佐藤プロ
1963年発行(貸本マンガ史研究15・佐藤まさあき作品リストにて確認)
定価170円
-----------------------------------------------------
 麻薬シリーズ③ 黄金町 佐藤まさあき
 黒い埠頭 高橋まさゆき
 
 ふぁんのペェジ
 予告
 ざ・えんど
-----------------------------------------------------

「闇の記録 No.3」は所有していないので、「闇の記録 No.4」の紹介です。
「黄金町」も麻薬の話で、なんだかリアル。それにしても、佐藤まさあきの絵はすさんだ話が似合う。
「黒い埠頭」も麻薬が絡んだストーリー。

「闇の記録 No.4」は読者投稿欄である「ふぁんのペェジ」が5頁もあり、読者からのお便りとイラストが掲載されている。
読者投稿欄のノリが面白いのである投稿を引用してみる。

  オーッ!闇の記録3号イカシたぜ!!でもよ、隔月発行というのはいただけない。思いきって毎月発行にしろよ!
  ところでよ、3号に望月の兄貴の作品がのってたろ。オレ、これをみて、以前まさあきの野郎が編集していた”ボス”うという本を思い出したぜ!これからも望月兄貴の作品を発行してくれよナ!じゃ・・・・

これに対する作者からの返答。

  オーッ!ありがとう。なつかしき”ボス”を思い出してくれたとはうれしいゼ!!
  望月の兄貴・・・・つまりモッちゃんには今月も「新ショッキング紳士」という原稿をもらってあったんだが、このまさあきの原稿がつい長くなっちまって載せられなくなっちゃったのサ。イヤ申し訳ない。だが次号にはキットのせるからよろしくナ。

読者のお便りのノリに合わせて作者の返答も口調をあわせているのが、なんだか面白い。
ちなみに、望月の兄貴はサインはVで有名な望月あきらですね。
   21:26 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

闇の記録 No.2

闇の記録 No.2

闇の記録 No.2 佐藤プロ
1962年発行(貸本マンガ史研究15・佐藤まさあき作品リストにて確認)
定価170円
-----------------------------------------------------
 麻薬シリーズ①旧友 佐藤まさあき
 野良犬 栗原としあき
 対決 高橋まさゆき
 
 ざ・えんど
-----------------------------------------------------

闇の記録No.2~No.5に掲載された麻薬シリーズの1作目「旧友」が載っている。
麻薬のうんちくやら、ペイ患者の描写やらが、なんだかリアル。
「野良犬」もなかなか面白い。鑑別所を出たばかりの少年の、これからどうしたらいいのかという焦燥感がよく描けている気がする。

闇の記録 No.2 目次
No.2の目次も凝っている。
   21:16 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

闇の記録 No.1

闇の記録 No.1

闇の記録 No.1 佐藤プロ
1962年発行(貸本マンガ史研究15・佐藤まさあき作品リストにて確認)
定価170円
-----------------------------------------------------
 人間崩壊 佐藤まさあき
 歪んだ勾配 菅まさひこ
 白い背景 高橋まさゆき

 ざ・えんど
-----------------------------------------------------

表紙の画像ですが、ビニールカバーが貼り付けられていて、ちょっと不鮮明になってしまいました。

この『闇の記録』シリーズ、地味な感じですが好きなシリーズです。

「人間崩壊」はちょっとした事から人生転落してしまう、ちょっと捻くれた感じもあるストーリーで佐藤まさあきらしい感じ。
「歪んだ勾配」と「白い背景」もなかなか面白い。
特に「歪んだ勾配」…世渡り上手な同僚に対する嫉妬とサラリーマン稼業に嫌気がさして犯罪に手を染める主人公の描写が好き。

闇の記録 No.1 目次
目次がカラーで凝っている。

闇の記録 No.1 見返し
見返しに殺し屋ルックの佐藤まさあき先生!!かっこいい。
   21:50 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

ダイナミックアクションシリーズ⑱ 野良犬

20120115103741

ダイナミックアクションシリーズ⑱ 野良犬 セントラル文庫
1962年発行(収録作「空白の稜線」の扉絵に"制作日1962年6月23日sat."との記述有)
定価170円
----------------------------------
 野良犬 佐藤まさあき
 空白の稜線 高橋まさゆき

 似顔絵コンテスト
 あとがき
----------------------------------

「野良犬」は少年鑑別所を逃げ出した不良少年が、少女をだましてヤクザの所に連れて行って、ヤク中にして、キャバレーに売り飛ばすという恐ろしい話。
「空白の稜線」は悪い男に捨てられた妹の復讐をする男の話。
   21:35 | Trackback:0 | 本文:0 | Top
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  岡友彦  集英社  呪みちる  辰巳ヨシヒロ  宮西計三  ぶんか社  小島剛夕  菅まさひこ  平凡社  山川惣治  別冊太陽  長田ノオト  高橋真琴  青林堂  花輪和一  太田出版  T・ながさわ  久しゅういち  ブロンズ社  朝日ソノラマ  三洋社  丸尾末廣  松森正  望月あきら  青林工藝舎  ソフトマジック  楳図かずお  けいせい出版  旭丘光志  K・元美津  チクマ秀出版社  ありかわ栄一  久保書店  萩尾望都  ひさうちみちお  魔夜峰央  白泉社  リイド社  谷口トモオ  つばめ出版  伊藤潤二  セントラル文庫  東考社  文藝春秋  エイプリル出版  徳間書店  美術出版社  桜井昌一  光文社  松文館  風忍  奇想天外社  篠原とおる  石川フミヤス  水木しげる  さいとう・たかを  五十嵐幸吉  楠勝平  つげ義春  白土三平  開扇亭  園田光慶  巴里夫  みやはら啓一  長島すすむ  湧井和夫  太平洋文庫  橋本将治  谷川きよし  あずま社  木村よしかず  うえき・まさし  山口賢裕  真田賢治  角川書店  ヒロ書房  彷徨舎  アルフォンス・イノウエ  奢霸都館  復刊ドットコム  兎月書房  日の丸文庫  落合芳幾  リブロポート  栗原としあき  伊藤彦造  講談社  いとう芳明  柏原慎太郎  宝島社  別冊宝島  鬼道譲二  村山一夫  えすとりあ  吉田竜夫  エンゼル文庫  月岡芳年  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。