スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

アサヒグラフ1967年11月24日号

アサヒグラフ1967年11月24日号 表紙

アサヒグラフ1967年11月24日号 朝日新聞社
定価120円

「劇画 このマンガ界の暴れん坊」という記事が載っています!写真の男性はカムイ伝でおなじみ、白土三平氏です。
アサヒグラフ1967年11月24日号 白土三平

グラフ誌だけあって、写真が豊富です。

つげ義春
アサヒグラフ1967年11月24日号 つげ義春

水木しげる
アサヒグラフ1967年11月24日号 水木しげる

小島剛夕
アサヒグラフ1967年11月24日号 小島剛夕

佐藤まさあき
アサヒグラフ1967年11月24日号 佐藤まさあき

さいとうたかを氏(アサヒグラフの記事が「さいとう・たかを」でなく「さいとうたかを」となっていたのでこの表記とします。いつから「・」を入れるようになったのだろう…)
アサヒグラフ1967年11月24日号 さいとうたかを

辰巳ヨシヒロ
アサヒグラフ1967年11月24日号 辰巳ヨシヒロ

若手(左から五十嵐幸吉氏、楠勝平氏、みやはら啓一氏、みやわき心太郎氏)
アサヒグラフ1967年11月24日号 若手


敬愛する佐藤まさあき先生はなかなかフィーチャーされております!
「黒い傷痕の男」のあらすじが紹介されていたり、佐藤まさあきは「ヤクザ作家」と呼ばれた、なんて書いてあります。

また、佐藤先生のこんな発言も

ぼくは早い時期に両親を失い 早くから社会の矛盾や偏見にめざめた そうしたものへの怒りをぼくはせいいっぱい書いているのだ

劇画作家とは

底辺に生きる人びとを相手に、その共感を得ることを喜びとして生きてきた連中

テーマ

自己憐憫、復讐、反権力、偏見、それに人間疎外とそこからの自己回復

クサイものにはフタをしろという態度は犯罪だ。これでは真実はかくれるばかりではないか。いまのこどもは、いわば大人こどもで既成概念のかたまりだ。そいつをぶっこわしてやって、それがどんなにいやなものだろうと真実に目をそそぐようにしてやるのだ

スポンサーサイト
   20:52 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

別冊宝島316 日本一のマンガを探せ!

別冊宝島316 日本一のマンガを探せ!

別冊宝島316 日本一のマンガを探せ! 宝島社
1997年6月16日初版発行
定価850円

この本が出た当時、これに類する本が色々出ていたと記憶していて、何冊か読んだけれど、私的には一番この本が参考になって、今でも手元に残っています。
タイトル忘れてしまいましたがもう一冊、この手の本で気に入っていたのがあったんですが、そちらはタイトル別索引はあっても作者別索引がなくて使いづらく、その点、この本は作者別索引が便利でね。

そうそう、私が佐藤まさあき先生を知ったのもこの本のおかげでした。
この本で「堕靡泥の星」が紹介されていたんですが、小さく載っていた書影の達也の悪辣極まりない表情と、「劇画界の超大物だが単行本はほとんど絶版」の紹介文に興味を持ってしまったんですよね。
なので、今の私があるのも、この本のおかげです!(大ゲサ)
   20:36 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

エロマンガ・マニアックス 山田裕二・増子真二

エロマンガ・マニアックス 山田裕二・増子真二

エロマンガ・マニアックス 山田裕二・増子真二 太田出版
1998年12月19日初版発行
定価1500円
-----------------------------------------------------
 まえがき

 第一章 肉弾/エクストリーム系
 [復刻]「淫夢」 榊まさる
 [復刻]「生戀」 宮谷一彦
 File-01 人間を描くこと、すなわちセックス! 榊まさる
 File-02 天才激餓家の描く壮絶私劇画 宮谷一彦
 File-03 キング・オブ・肉弾劇画家 ふくしま政美
 File-04 劇画、滝沢、ロックンロール! 川崎三枝子
 File-05 ロリコン時代を生き抜いた異物挿入 ケン月影
 Interview 「男が一番感じる体の線」を描くのが私のテーマでした
        川崎三枝子インタビュー

 第二章 猟奇/クイアー系
 [復刻]「悪の華」 原作・岡崎英生 作画・上村一夫
 File-06 エロスと情念の天才劇画絵師 上村一夫
 File-07 醜男が便所の下で待ち伏せ! 早見純
 File-08 誰にも真似できない情念の三白眼 佐藤まさあき
 File-09 「ヒイイイ!」「後生!」でも終わらない美女リンチ 梶原一騎
 File-10 夜這い!男色!これが真実の時代劇画 臣新蔵
 File-11 女闘美たちのサイケデリック・バトル! 平野仁
 File-12 猟奇で耽美な新感覚エロス 宮西計三
 Interview 僕の中のサディズムの血が「堕靡泥の星」を描かせたんです
        佐藤まさあきインタビュー

 第三章 カストリ/モンド系
 [復刻]「スーパーレディ魔子」 笠間しろう
 File-13 帰って来たジャパニーズ・プッシー・キャット 笠間しろう
 File-14 追悼・平成の画狂老人 石原豪人
 File-15 複数の筆名を持つ青年劇画のパイオニア 歌川大雅
 File-16 マスター・オブ・キャットファイト! 淀川晴生
 File-17 土曜日のようにワクワクする漫画雑誌 土曜漫画
 Interview お尻って平和そのものですよ。あの豊かさが大好きなんです
        笠間しろうインタビュー

 第四章 脱力/チルアウト系
 [復刻]「僕はサラ金の星です!」 安部慎一
 [復刻]「こんにちはスキン屋です!」 福原秀美
 [復刻]「月姫丁々発止」 鈴木漁生
 File-18 世界は痛みに溢れている 安倍慎一
 File-19 島根県が生んだハレンチ大統領 福原秀美
 File-20 永遠のチルアウト劇画家 鈴木漁生
 File-21 犬は吠えるがオットセイは進む 横山まさみち
 File-22 合言葉は「狂女」と「ローアングル」 ジョージ秋山
 File-23 謎のマンガ家が唯一描いたエロ劇画 竹内寛行
 Interview ズバリ描くのはヤラシイから、オットセイを使うようになりました
        横山まさみちインタビュー

 第五章 日本エロ・マニアックス名鑑

 ボーナストラック「帰郷」 原作・岡崎英生 作画・榊まさる

 あとがき
-----------------------------------------------------

真面目に目次をうつしたら、えらく長くなってしまいました。
いろんなエロマンガを紹介している本です。
エロのジャンルはそんなに詳しくない私ですが、宮谷一彦や宮西計三、佐藤まさあき、歌川大雅(岡友彦名義で絵物語を描いていました)といった興味があるマンガ家がとりあげられていたので購入しました。

そして一番の目当ては佐藤まさあきインタビュー!!
あと、佐藤まさあき先生のアシスタント出身の川崎三枝子インタビュー!!

川崎三枝子先生、中学卒業して上京&佐藤プロでアシスタントになるってスゴイなぁ。
一応、父親が佐藤プロを見に行って15歳の女の子を置いて行っても大丈夫か判断したらしいですけど、『堕靡泥の星』の遺書に書かれているような事を知っていたら、娘をまかせるなんて出来なかったでしょうね…。

そして、佐藤まさあき先生はやはりアブナい人でした。

僕はライフルと散弾もやっていましたからね。とにかく、的なんか撃っても面白くないんですよ。破裂する物とか、生き物を撃たないと面白くない。その頃は、生き物を見ると胸がクーッと踊るんですよ。変な話ね、デパートの屋上に上って街を歩いている人を―頭の中でだけど(笑)―人を撃つの。頭の中で狙いを定めて、バーンって撃つんですよ。その意識は、僕の中に絶えずありました。街を歩いていてても、前を歩いている人間をパーンって撃つんですよ、頭の中で。

そういえば、「喪われた春」に収録されている「遊戯の果て」がそんな話だったわ。主人公は頭の中で飽き足らず実行してしまうんですけどね。
他にも大久保清に嫉妬とか。
だいたい知っている話でしたけど、無茶苦茶で面白いインタビューでした。





   17:23 | Trackback:0 | 本文:2 | Top

えすとりあ 季刊4号 山川惣治特集号

えすとりあ 季刊4号 山川惣治特集号

えすとりあ 季刊4号 山川惣治特集号 えすとりあ同人
1983年2月10日発行
定価350円
------------------------------------------------------------------
 現代マンガの問題点(4) 絵物語を聞く  山川惣治
 山川惣治年譜  増田 栄
 《復刻作品》少年ケニア  山川惣治
 絵物語と市民権  坂 育夫
 戦後の絵物語と少年王者  中路秀夫
 体制内の偉人―「少年倶楽部」の山川惣治絵物語  竹内オサム
 少年王者主義の夢  田村治芳
 新分野確立した“絵物語”の世界  阿部麗二
 マンガ探偵団  高木 宏
 私記・山川惣治―「ノックアウトQ」を中心に  梶井 純
 スナップ・ショット  吉野 巧
 一九五〇年代と絵物語  権藤 晋
 「少年王者」との感動的な出逢い  増田 栄

 井戸端蛙 「えすとりあ同人」
------------------------------------------------------------------

山川惣治のインタビューが読みたくて購入。
やっぱり本人に聞くインタビューは面白いですね。

えすとりあ」は全部で4号まで出たみたいですね。
創刊号  つげ義春特集
季刊2号 寺田ヒロオ特集
季刊3号 水木しげる特集
季刊4号 山川惣治特集号
となっているようです。

こういう本は読んでいて楽しいですね。
マンガを読むのはもちろん好きなんですけど、マンガに関する活字を読むのも好きで。
   11:20 | Trackback:0 | 本文:2 | Top

別冊太陽 子どもの昭和史 少女マンガの世界Ⅱ【昭和38年~64年】

別冊太陽 子どもの昭和史 少女マンガの世界Ⅱ【昭和38年~64年】

別冊太陽 子どもの昭和史 少女マンガの世Ⅱ【昭和38年~64年】 平凡社
1991年10月17日初版発行
定価2524円
--------------------------------------------------------------------
 少女マンガの現在・過去・未来―前掲された後書きのように 米沢嘉博

 週刊誌時代の幕開き 昭和38年~42年
  期待される新メディア像―週刊誌のオズオズとした始まり
  連続ドラマへの挑戦―ひきと泣きのレトリック
  細川智栄子 オシャレなダイナミズム―けばけばしさの虚構性
  新時代の人気作家たち―細野みち子と北島洋子
  銀幕へのあこがれ(1)―ロマンチックコメディーの鐘は鳴る
  銀幕へのあこがれ(2)―ロマン・冒険・スペクタクル
  生きていく少女たち―女の子にとっての生きる意味
  闇の中の異形―怪奇マンガブームのあらまし
  合言葉はビクトリー―スポ根少女たちの戦い
  西谷祥子 目覚めの感覚―少女はときめき、つぶやき、主張する
  時代の中央線を歩け 西谷祥子
  恋するティーンエイジャー―ラブコメの始動と定着
  三つの衝撃 ささやななえ
  りぼんカラーシリーズの世界―感動とボリュームの読み切り付録

 戦後世代の登場 昭和43年~47年
  新たなる容器―新雑誌と別冊の許容量
  里中満智子 華麗なるスターター―愛とロジックの戦い
  大和和紀 ポップなフットワーク―少女によって世界は回る
  青池保子 衝撃的変容の体現―少女の夢と笑いの大ブーム
  神奈幸子 典型的コンセプト―恋と夢の青春学園にて
  阿部律子 あたたかさとやさしさ―ハートウォーミング・プレイ
  恋と愛の学園―講談社グループの作家たち
  一条ゆかり 主張するエンターテイナー―愛と叫びと悲しみと
  もりたじゅん 肉体のリアリズム―地上に降りてきた女たち
  弓月光 コメディーの頑張リズム―マジさとドジさのバランスボール
  のがみけい 多様なるエンターテインメント―ロマンと笑いとシリアスと
  井出ちかえ パワフルなサービス―ゴージャスな泥臭さ
  メッセージと表現と―りぼんコミックの先鋭さ
  笑いは世界を支配する―土田よしことギャグとドタコメ
  忠津陽子 陽気なトラブルメーカー―少女の瞳にご用心
  池田理代子 思索する女たち―世界の中で生きること
  美内すずえ ロマンへの誘惑―物語の冒険・その転末
  問いかける者たち―樹村みのり、岡田史子、矢代まさこ
  お姉様雑誌の進撃―成長する少女たちとともに
  芸能・GS・青春スター―アイドルから生まれたBF像

 少女マンガ全盛期 昭和48年~53年
  個性を求める雑誌たち―70年代に向けてのひとつの答え
  萩尾望美也子 ロマンティックな変革者―連続する衝撃とその波及
  大島弓子 夢想のレトリック―少女の異世界に包まれて
  竹宮恵子 意志と関係論―少年たちの時代
  山岸涼子 精神と肉体の夢―深きところに降りていくことの恐怖
  未曽有の時代 中島 梓
  大矢ちき 化粧する画面―マニエールの生み出すもの
  木原としえ 永遠なるロマン―感動的昔話は花びらの中
  ささやななえ 誠実なる探究者―リアルなることの重み
  山田ミネコ ロマンのアラベスク―エキゾチックへの扉
  和田慎二 ヒロイニックファンタジーの創造者―甦る神話と冒険活劇
  山本鈴美香 目覚める者たち―成長する少女の神話
  庄司陽子 青春の十字軍―ガンバル少女たちと共に
  やさしさの風景―少女と子どもへのまなざし
  70年代・青春の情景―少女と少年の日常の中に
  ドラマの奔流―週刊誌最後の光芒
  物語のバリエーション―ストーリーの面白さに向けて
  美少年の季節―ホモセクシャルの虚構
  少女突然変異体―広がりの中での個性派たち

 浸透と拡散と継承 昭和54年~64年
  氾濫する少女雑誌―読者によるセグメント化の波
  少女の恋のかわいらしい夢想―おとめチックラブコメディー
  新時代のヒロインたち―アニメと雑誌の人気者
  若き実力者たち―文月今日子、くらもちふさこ、槇村さとる
  進化するSF少女マンガ―少女たちのインナースペース
  やわらかさからの脱出―新たなるスタイルに向けて
  青春の暗き香り―つっぱり、SEX、はぐれ者…
  笑いとシリアスのデフォルメ―ハチャメチャコメディーの展開
  80年代の予兆―浸透と拡散の中の新人たち
  
  恋から始まる少女マンガの大冒険―少女マンガの表現にふれて 米沢嘉博
  平成に読める昭和の少女マンガベスト100 選:米沢嘉博
  少女マンガ史年表(昭和39年~64年) 構成:杉田健一

 特別付録 少女マンガ傑作原画選
  手塚治虫/わたなべまさこ/水野英子/高橋真琴/西谷祥子
--------------------------------------------------------------------

前回に引き続き、別冊太陽子どもの昭和史。
今回は少女マンガ。
70年代あたりの少女マンガが好きで、確かこの本も高校生のころに買った一冊。

私が小学生高学年から中学生頃にマンガ文庫ブーム(?)があって、昔のマンガが色々と復刻されて本屋さんにもいっぱい置いてあったんですよね。だから割と70年代のメジャーな作品は読むことができたんです。その頃、萩尾望都や竹宮恵子、木原敏江、山岸涼子、池田理代子あたりを割と読んでいて好きだったんですよね。
で、80年代生まれの私がどうして70年代なのか…
小学生中学年だか高学年の頃に家で母が昔読んだベルばらの単行本を発見して、すっごくハマってしまったんですよ。
本当に、はじめてハマったマンガです。オスカル様がかっこよくてあこがれだったなぁ。
それまでもりぼんとかなかよしとか買って読んでたんですが、単行本買うほど好きなマンガはなかったんですよね。
それからなんとなく、昔の少女マンガに興味を持ちまして。あと、瞳に星が入っているいかにも少女マンガな絵も好きで。
私のレトロ趣味の原点かもしれません。

絵柄でいうとやっぱり高橋真琴先生が大好き。
西谷祥子先生の絵もかわいくて大好き(上の書影、左下の頭にバラをのせてる女の子の絵が西谷祥子先生の絵です)。
あと池田理代子先生の『おにいさまへ…』くらいの時期の絵も好きだな。
木原敏江先生は『摩利と新吾』の最後くらいの時期の絵とか。
   21:20 | Trackback:0 | 本文:0 | Top
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  岡友彦  集英社  呪みちる  辰巳ヨシヒロ  宮西計三  ぶんか社  小島剛夕  菅まさひこ  平凡社  山川惣治  別冊太陽  長田ノオト  高橋真琴  青林堂  花輪和一  太田出版  T・ながさわ  久しゅういち  ブロンズ社  朝日ソノラマ  三洋社  丸尾末廣  松森正  望月あきら  青林工藝舎  ソフトマジック  楳図かずお  けいせい出版  旭丘光志  K・元美津  チクマ秀出版社  ありかわ栄一  久保書店  萩尾望都  ひさうちみちお  魔夜峰央  白泉社  リイド社  谷口トモオ  つばめ出版  伊藤潤二  セントラル文庫  東考社  文藝春秋  エイプリル出版  徳間書店  美術出版社  桜井昌一  光文社  松文館  風忍  奇想天外社  篠原とおる  石川フミヤス  水木しげる  さいとう・たかを  五十嵐幸吉  楠勝平  つげ義春  白土三平  開扇亭  園田光慶  巴里夫  みやはら啓一  長島すすむ  湧井和夫  太平洋文庫  橋本将治  谷川きよし  あずま社  木村よしかず  うえき・まさし  山口賢裕  真田賢治  角川書店  ヒロ書房  彷徨舎  アルフォンス・イノウエ  奢霸都館  復刊ドットコム  兎月書房  日の丸文庫  落合芳幾  リブロポート  栗原としあき  伊藤彦造  講談社  いとう芳明  柏原慎太郎  宝島社  別冊宝島  鬼道譲二  村山一夫  えすとりあ  吉田竜夫  エンゼル文庫  月岡芳年  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。