スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

伊藤彦造画集 伊藤彦造

伊藤彦造画集 伊藤彦造

伊藤彦造画集 伊藤彦造 講談社
1974年4月1日初版発行
定価6500円

今回は本のサイズが大きくて自宅のスキャナーではおさまらなかったので写真でお送りします。
上の写真は絵が印刷された函です。

伊藤彦造画集 函
ダンボールの函(筒状になっているのでこの呼び名が正しいかは分からない)がついていて、いつもはこれをさらにかぶせて収納しています。

伊藤彦造画集 本体
本体はこちら。布張りで、ビニール製のカバーもついています。

私が所有しているのは第五刷だからかもしれませんが、カラーページでちょっと色がずれているというか、ぶれたような感じになっている箇所が一部あります。

伊藤彦造は大好きな挿絵画家のひとりです。
角兵衛獅子の頃のちょっとアクのつよい画風の頃も好きですし、後期の流麗なペンタッチも好きです。
あのペンタッチは、本当にどうやったらあんな美しい線がひけるのか不思議で仕方ない。
絵を描くときにほとんど下書きをしない読んだこともあるし、ますます不思議だ。
日頃の研鑽の賜物なのでしょうね。

鋭い、鬼気迫る感のある絵がいいです。

2014年1月3日から弥生美術館で「生誕110年 降臨!神業絵師 伊藤彦造という男 ペン一本で極めた挿絵道」と題して伊藤彦造の展覧会が開催されるようです。
これは絶対見に行かなくては!と、今から思っております。
スポンサーサイト
   11:17 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

MACOTOPIA 高橋真琴 喜寿記念画集

MACOTOPIA 高橋真琴 喜寿記念画集

MACOTOPIA 高橋真琴 喜寿記念画集 高橋真琴 復刊ドットコム
2011年8月27日初版発行
定価8085円

高橋真琴先生の喜寿記念画集です。
この本、まだ購入可能ですが、嬉しいのでのせてしまいます。
高橋真琴先生にサインをしていただきました!
サインをしていただいた経緯は私のもう一つのブログに書いてあります。
結構、ミーハーなのですよ。私は。。。

MACOTOPIA 高橋真琴 喜寿記念画集 署名
サイン。スミレのイラストがかわいい。

MACOTOPIA 高橋真琴 喜寿記念画集 カバーをした状態
この画集、カバー付きで、これはカバーを付けた状態。

MACOTOPIA 高橋真琴 喜寿記念画集 カバーをとった状態
カバーを外すとこんな感じ。

MACOTOPIA 高橋真琴 喜寿記念画集 附録
特典の表紙の絵が印刷されたタオル。

12月には先生の新しい画集が出るらしいです。
タイトルは『夢見る少女たち』。先生の絵にぴったりのタイトルで素敵です。
   17:52 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

ベル・フィーユ アルフォンス・イノウエ銅版画集 アルフォンス・イノウエ

ベル・フィーユ アルフォンス・イノウエ銅版画集

ベル・フィーユ アルフォンス・イノウエ銅版画集 アルフォンス・イノウエ 奢霸都館
2003年7月初版発行
定価5700円
--------------------------------------------
 ミューズの囁き ― 詩・小説によせて ―
 遠い声
 神話の苑
 エロスの競演
 EXLIBRIS ― 蔵書票 ―
  Ⅰ.スフィンクスの謎
  Ⅱ.少女の部屋
  Ⅲ.もう一つの世界
  Ⅳ.甘美なつみ
 
 あとがき 内田市五郎
--------------------------------------------

今回紹介する本は、全くマンガとは関係のない本です。
アルフォンス・イノウエ氏の銅版画集です。
私はこの方を全く知らなかったのですが、絵を見て一目惚れして購入した本です。

蔵書票も多く手掛けている方でもあり、文学作品の挿絵等も描いてらっしゃいます。
私はあまり読書家ではないので、この本の中に出てくる作品だとマンディアルグとゴーチェくらいしか読んでいません…。
あと、この画集の 「クリスチーナ」のためにⅡ という絵がすごく好きで、影響されて、R.ブラウニングの詩集は読みました。

甘やかで背徳的な世界にうっとり。
このような本は、蛍光灯のような真っ白な光ではなく白熱灯のように少し温かみのある光で、仄かに照らして見たいですね。

私が書いているもう一つのブログにも少しアルフォンス・イノウエ氏の銅版画の記事があるのでよろしかったらどうぞ。
アルフォンス・イノウエ スフィンクスと旅人
アルフォンス・イノウエ R.ブラウニング「クリスチーナ」のためにII
   20:39 | Trackback:0 | 本文:3 | Top

新世紀SM画報 丸尾末廣

新世紀SM画報 丸尾末廣

新世紀SM画報 丸尾末廣 朝日ソノラマ
2000年8月20日初版発行
定価3800円

丸尾末廣の画集です。
発売当時、高校生でした。家から近くの書店では売っていなくて、地元の駅にある本屋さんまで自転車で買いに行った覚えがあります。
家族に頼めば車で連れて行ってくれるのだけれど、親に内緒で買いたかったので…。
絵もさることながら、桑田次郎との対談が面白かったです。

ところで、この本、新装版が出ていますね。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309272993/
私は所有している朝日ソノラマ版の方が表紙の絵が好きで。
   21:18 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

江戸昭和競作 無惨絵―英名二十八衆句

江戸昭和競作 無惨絵

江戸昭和競作 無惨絵―英名二十八衆句 リブロポート
画【昭和】花輪和一 丸尾末廣
画【江戸】月岡芳年 落合芳幾
1988年1月20日初版発行
定価2900円
---------------------------------------------
 賛
  二〇世紀末嗜好症 あがた森魚
  ほとばしる良識、あふれる侠気 荒俣宏
  ドラマチックこそ恐怖なのだ! 楳図かずお
  アナタの「血」は美味しくない 遠藤ミチロウ
  ワインレッドのしたたり―血と臓腑への愛 落合清彦
  ″清潔″な時代の″汚れた血″ 川本三郎
  太平に倦む 杉浦日向子
  もし今、芳年が 瀬木慎一
  曼珠沙華の花粉のような 宗谷真爾
  昭和無残絵への期待 都築道夫
  丸尾さん花輪さんへ 細野晴臣

 解説
  今、なぜ残酷絵なのか 高橋克彦

 新英名二十八衆句
  花輪和一 丸尾末廣

 英名二十八衆句
  月岡芳年 落合芳幾

 解説
  『英名二十八衆句』について 宗谷真爾
  作品解説 
---------------------------------------------

目次が少々長くなってしまいましたが、賛にメッセージを寄せているのがなかなか豪華なメンツだったので列記してみました。
実は絵のタイトルも書こうかと思ったのですが、あまりに長くなるので省きました。

ちなみに、私が一番気に入っている絵は丸尾末廣の「甘粕正彦」です。

裏表紙はこちら。
江戸昭和競作 無惨絵

本についていた署名入の紙です。
江戸昭和競作 無惨絵 についていた署名


ところで、復刻されるらしいですね。
http://www.enterbrain.co.jp/product/comic/beam_comic/09257601.html
月岡芳年落合芳幾の分はカットみたいですが。
   19:31 | Trackback:0 | 本文:0 | Top
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  岡友彦  集英社  呪みちる  辰巳ヨシヒロ  宮西計三  ぶんか社  小島剛夕  菅まさひこ  平凡社  山川惣治  別冊太陽  長田ノオト  高橋真琴  青林堂  花輪和一  太田出版  T・ながさわ  久しゅういち  ブロンズ社  朝日ソノラマ  三洋社  丸尾末廣  松森正  望月あきら  青林工藝舎  ソフトマジック  楳図かずお  けいせい出版  旭丘光志  K・元美津  チクマ秀出版社  ありかわ栄一  久保書店  萩尾望都  ひさうちみちお  魔夜峰央  白泉社  リイド社  谷口トモオ  つばめ出版  伊藤潤二  セントラル文庫  東考社  文藝春秋  エイプリル出版  徳間書店  美術出版社  桜井昌一  光文社  松文館  風忍  奇想天外社  篠原とおる  石川フミヤス  水木しげる  さいとう・たかを  五十嵐幸吉  楠勝平  つげ義春  白土三平  開扇亭  園田光慶  巴里夫  みやはら啓一  長島すすむ  湧井和夫  太平洋文庫  橋本将治  谷川きよし  あずま社  木村よしかず  うえき・まさし  山口賢裕  真田賢治  角川書店  ヒロ書房  彷徨舎  アルフォンス・イノウエ  奢霸都館  復刊ドットコム  兎月書房  日の丸文庫  落合芳幾  リブロポート  栗原としあき  伊藤彦造  講談社  いとう芳明  柏原慎太郎  宝島社  別冊宝島  鬼道譲二  村山一夫  えすとりあ  吉田竜夫  エンゼル文庫  月岡芳年  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。