スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

別冊太陽 子どもの昭和史 少女マンガの世界Ⅱ【昭和38年~64年】

別冊太陽 子どもの昭和史 少女マンガの世界Ⅱ【昭和38年~64年】

別冊太陽 子どもの昭和史 少女マンガの世Ⅱ【昭和38年~64年】 平凡社
1991年10月17日初版発行
定価2524円
--------------------------------------------------------------------
 少女マンガの現在・過去・未来―前掲された後書きのように 米沢嘉博

 週刊誌時代の幕開き 昭和38年~42年
  期待される新メディア像―週刊誌のオズオズとした始まり
  連続ドラマへの挑戦―ひきと泣きのレトリック
  細川智栄子 オシャレなダイナミズム―けばけばしさの虚構性
  新時代の人気作家たち―細野みち子と北島洋子
  銀幕へのあこがれ(1)―ロマンチックコメディーの鐘は鳴る
  銀幕へのあこがれ(2)―ロマン・冒険・スペクタクル
  生きていく少女たち―女の子にとっての生きる意味
  闇の中の異形―怪奇マンガブームのあらまし
  合言葉はビクトリー―スポ根少女たちの戦い
  西谷祥子 目覚めの感覚―少女はときめき、つぶやき、主張する
  時代の中央線を歩け 西谷祥子
  恋するティーンエイジャー―ラブコメの始動と定着
  三つの衝撃 ささやななえ
  りぼんカラーシリーズの世界―感動とボリュームの読み切り付録

 戦後世代の登場 昭和43年~47年
  新たなる容器―新雑誌と別冊の許容量
  里中満智子 華麗なるスターター―愛とロジックの戦い
  大和和紀 ポップなフットワーク―少女によって世界は回る
  青池保子 衝撃的変容の体現―少女の夢と笑いの大ブーム
  神奈幸子 典型的コンセプト―恋と夢の青春学園にて
  阿部律子 あたたかさとやさしさ―ハートウォーミング・プレイ
  恋と愛の学園―講談社グループの作家たち
  一条ゆかり 主張するエンターテイナー―愛と叫びと悲しみと
  もりたじゅん 肉体のリアリズム―地上に降りてきた女たち
  弓月光 コメディーの頑張リズム―マジさとドジさのバランスボール
  のがみけい 多様なるエンターテインメント―ロマンと笑いとシリアスと
  井出ちかえ パワフルなサービス―ゴージャスな泥臭さ
  メッセージと表現と―りぼんコミックの先鋭さ
  笑いは世界を支配する―土田よしことギャグとドタコメ
  忠津陽子 陽気なトラブルメーカー―少女の瞳にご用心
  池田理代子 思索する女たち―世界の中で生きること
  美内すずえ ロマンへの誘惑―物語の冒険・その転末
  問いかける者たち―樹村みのり、岡田史子、矢代まさこ
  お姉様雑誌の進撃―成長する少女たちとともに
  芸能・GS・青春スター―アイドルから生まれたBF像

 少女マンガ全盛期 昭和48年~53年
  個性を求める雑誌たち―70年代に向けてのひとつの答え
  萩尾望美也子 ロマンティックな変革者―連続する衝撃とその波及
  大島弓子 夢想のレトリック―少女の異世界に包まれて
  竹宮恵子 意志と関係論―少年たちの時代
  山岸涼子 精神と肉体の夢―深きところに降りていくことの恐怖
  未曽有の時代 中島 梓
  大矢ちき 化粧する画面―マニエールの生み出すもの
  木原としえ 永遠なるロマン―感動的昔話は花びらの中
  ささやななえ 誠実なる探究者―リアルなることの重み
  山田ミネコ ロマンのアラベスク―エキゾチックへの扉
  和田慎二 ヒロイニックファンタジーの創造者―甦る神話と冒険活劇
  山本鈴美香 目覚める者たち―成長する少女の神話
  庄司陽子 青春の十字軍―ガンバル少女たちと共に
  やさしさの風景―少女と子どもへのまなざし
  70年代・青春の情景―少女と少年の日常の中に
  ドラマの奔流―週刊誌最後の光芒
  物語のバリエーション―ストーリーの面白さに向けて
  美少年の季節―ホモセクシャルの虚構
  少女突然変異体―広がりの中での個性派たち

 浸透と拡散と継承 昭和54年~64年
  氾濫する少女雑誌―読者によるセグメント化の波
  少女の恋のかわいらしい夢想―おとめチックラブコメディー
  新時代のヒロインたち―アニメと雑誌の人気者
  若き実力者たち―文月今日子、くらもちふさこ、槇村さとる
  進化するSF少女マンガ―少女たちのインナースペース
  やわらかさからの脱出―新たなるスタイルに向けて
  青春の暗き香り―つっぱり、SEX、はぐれ者…
  笑いとシリアスのデフォルメ―ハチャメチャコメディーの展開
  80年代の予兆―浸透と拡散の中の新人たち
  
  恋から始まる少女マンガの大冒険―少女マンガの表現にふれて 米沢嘉博
  平成に読める昭和の少女マンガベスト100 選:米沢嘉博
  少女マンガ史年表(昭和39年~64年) 構成:杉田健一

 特別付録 少女マンガ傑作原画選
  手塚治虫/わたなべまさこ/水野英子/高橋真琴/西谷祥子
--------------------------------------------------------------------

前回に引き続き、別冊太陽子どもの昭和史。
今回は少女マンガ。
70年代あたりの少女マンガが好きで、確かこの本も高校生のころに買った一冊。

私が小学生高学年から中学生頃にマンガ文庫ブーム(?)があって、昔のマンガが色々と復刻されて本屋さんにもいっぱい置いてあったんですよね。だから割と70年代のメジャーな作品は読むことができたんです。その頃、萩尾望都や竹宮恵子、木原敏江、山岸涼子、池田理代子あたりを割と読んでいて好きだったんですよね。
で、80年代生まれの私がどうして70年代なのか…
小学生中学年だか高学年の頃に家で母が昔読んだベルばらの単行本を発見して、すっごくハマってしまったんですよ。
本当に、はじめてハマったマンガです。オスカル様がかっこよくてあこがれだったなぁ。
それまでもりぼんとかなかよしとか買って読んでたんですが、単行本買うほど好きなマンガはなかったんですよね。
それからなんとなく、昔の少女マンガに興味を持ちまして。あと、瞳に星が入っているいかにも少女マンガな絵も好きで。
私のレトロ趣味の原点かもしれません。

絵柄でいうとやっぱり高橋真琴先生が大好き。
西谷祥子先生の絵もかわいくて大好き(上の書影、左下の頭にバラをのせてる女の子の絵が西谷祥子先生の絵です)。
あと池田理代子先生の『おにいさまへ…』くらいの時期の絵も好きだな。
木原敏江先生は『摩利と新吾』の最後くらいの時期の絵とか。
スポンサーサイト
   21:20 | Trackback:0 | 本文:0 | Top
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  岡友彦  集英社  呪みちる  辰巳ヨシヒロ  宮西計三  ぶんか社  小島剛夕  菅まさひこ  平凡社  山川惣治  別冊太陽  長田ノオト  高橋真琴  青林堂  花輪和一  太田出版  T・ながさわ  久しゅういち  ブロンズ社  朝日ソノラマ  三洋社  丸尾末廣  松森正  望月あきら  青林工藝舎  ソフトマジック  楳図かずお  けいせい出版  旭丘光志  K・元美津  チクマ秀出版社  ありかわ栄一  久保書店  萩尾望都  ひさうちみちお  魔夜峰央  白泉社  リイド社  谷口トモオ  つばめ出版  伊藤潤二  セントラル文庫  東考社  文藝春秋  エイプリル出版  徳間書店  美術出版社  桜井昌一  光文社  松文館  風忍  奇想天外社  篠原とおる  石川フミヤス  水木しげる  さいとう・たかを  五十嵐幸吉  楠勝平  つげ義春  白土三平  開扇亭  園田光慶  巴里夫  みやはら啓一  長島すすむ  湧井和夫  太平洋文庫  橋本将治  谷川きよし  あずま社  木村よしかず  うえき・まさし  山口賢裕  真田賢治  角川書店  ヒロ書房  彷徨舎  アルフォンス・イノウエ  奢霸都館  復刊ドットコム  兎月書房  日の丸文庫  落合芳幾  リブロポート  栗原としあき  伊藤彦造  講談社  いとう芳明  柏原慎太郎  宝島社  別冊宝島  鬼道譲二  村山一夫  えすとりあ  吉田竜夫  エンゼル文庫  月岡芳年  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。