スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

赤いリュックサック 巴里夫

赤いリュックサック 巴里夫

赤いリュックサック 巴里夫プロダクション 巴里夫
発行日2012年6月29日
定価1200円
-----------------------------------------------------
 赤いリュックサック
 石の戦場

 反戦マンガを描いた頃
-----------------------------------------------------

今年は戦後70年という事で、戦争にまつわるマンガを紹介してみようと思います。
巴里夫氏は自費出版で過去の自分の作品を復刻されていて、この「赤いリュックサック」もそんな中の一つです。

収録されているマンガは2つ。
「赤いリュックサック」は満州からの引き揚げの話。
「石の戦場」は巴里夫氏自身の体験に基づく話。

「赤いリュックサック」はとにかく救いのないお話です。是非、いろんな人に読んでほしい作品です。
私の曾祖父母は満州からの引き揚げ者です。生前、戦争の頃の話をする事はありませんでしたが、きっとこれに近い体験をしているはずなんですよ。
曾祖父母が亡くなってからですが、満州からの引き揚げ時に敵から逃げている所をかくまってもらったことに対するお礼の手紙が届いたことがあって、とてもびっくりしたのを覚えています。

「石の戦場」は海軍航空基地での勤労奉仕とそこで知り合った特攻隊の少尉との交流を描いたお話。
中学生の生活まで戦争によってこんなに変わってしまうんだなと、びっくりします。
そう言えば、私の祖母も勉強しないで草刈りとか手旗信号の練習とかしていたと言っていたっけ。

こちらのサイトで巴里夫氏のマンガを購入できます。

 

Tag : 巴里夫
   18:20 | Trackback:0 | 本文:0 | Top

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://gekigakko.blog.fc2.com/tb.php/105-71c4012a
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  岡友彦  集英社  呪みちる  辰巳ヨシヒロ  宮西計三  ぶんか社  小島剛夕  菅まさひこ  平凡社  山川惣治  別冊太陽  長田ノオト  高橋真琴  青林堂  花輪和一  太田出版  T・ながさわ  久しゅういち  ブロンズ社  朝日ソノラマ  三洋社  丸尾末廣  松森正  望月あきら  青林工藝舎  ソフトマジック  楳図かずお  けいせい出版  旭丘光志  K・元美津  チクマ秀出版社  ありかわ栄一  久保書店  萩尾望都  ひさうちみちお  魔夜峰央  白泉社  リイド社  谷口トモオ  つばめ出版  伊藤潤二  セントラル文庫  東考社  文藝春秋  エイプリル出版  徳間書店  美術出版社  桜井昌一  光文社  松文館  風忍  奇想天外社  篠原とおる  石川フミヤス  水木しげる  さいとう・たかを  五十嵐幸吉  楠勝平  つげ義春  白土三平  開扇亭  園田光慶  巴里夫  みやはら啓一  長島すすむ  湧井和夫  太平洋文庫  橋本将治  谷川きよし  あずま社  木村よしかず  うえき・まさし  山口賢裕  真田賢治  角川書店  ヒロ書房  彷徨舎  アルフォンス・イノウエ  奢霸都館  復刊ドットコム  兎月書房  日の丸文庫  落合芳幾  リブロポート  栗原としあき  伊藤彦造  講談社  いとう芳明  柏原慎太郎  宝島社  別冊宝島  鬼道譲二  村山一夫  えすとりあ  吉田竜夫  エンゼル文庫  月岡芳年  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。