スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top

劇画の旗手「佐藤まさあき」展

稲沢市の中央図書館で
劇画の旗手「佐藤まさあき」展
として、漫画家佐藤まさあき氏没後10年にあたり、原画、写真パネルを展示している事を知り、見に行ってきました。

稲沢市は初めて行きましたが、自宅から車で約1時間かかりました。

図書館のエントランスホールに展示されていて、そこまでたくさん展示物がある訳ではありませんでしたが、
貸本や雑誌、ドラマや映画のポスター、サイン色紙、写真、扉絵やマンガの原画が飾られていて、
ファンの私としては大変うれしく、また、興味深い内容でした。

扉絵の原画は「若い貴族たち」、「野望」、「堕靡泥の星」などがありました。
また、マンガの原画は「夕映えの丘に」から1ページ。

私がテンションあがった展示物は劇画館(歌舞伎町でやっていたパブレストラン)の粗品と印字された袋。「わっ、あの有名な劇画館だ!」と感激。
大阪の百貨店で開催された劇画展の様子の写真。自伝で劇画展では佐藤プロのアトリエを再現して、そこで実際に仕事をしたと書いてあって、「はて、どんなものか?」と気になっていたので、様子が垣間見えて良かった。
他にも自伝に載っている写真でも本だと小さくて見づらかったものが、大きなパネルで飾られていて良かった。

あと、気になったのが、山ガールブームを特集した番組で佐藤まさあき氏の山岳マンガを使いたいとNHKから連絡があったけれど著作権がないので許可が出せなかった、といったような内容の記述があったこと。今はどこに著作権があるんでしょう?

他にも、佐藤まさあき氏と関わりのあったマンガ家として水木しげる氏、楳図かずお氏、望月あきら氏が大きく取り上げられていました。

佐藤まさあき展 チラシ

会場にアンケートが置いてあったので、せっかくだし記入してきました。
しかし、30代女性で佐藤まさあき氏の劇画が好きで見に来ましたって信じてもらえるかしらん 笑
   19:18 | Trackback:0 | 本文:2 | Top

Comment

33 2014.03.31 Mon 12:26  ガチ坊 #GCA3nAmE
行って来られたのですね、ファン魂炸裂ですね。佐藤さんも喜んでおられますよ。
しかも女性だし(*^^)v

>劇画館(歌舞伎町でやっていたパブレストラン)の粗品

しかしレアなもの置いてあるんですね。この後喫茶店になって奥さんが独立してしまいますよね。値打ちは無いけどファンにはたまりませんね。

著作権はきっと、売り払ってしまわれたのでしょう。手塚先生も何作かままにならない作品が有ります。借金の形に差し押さえの対象で誰かが買ったんですね。

佐藤さんも色々ありましたからね。
あ、凄い。  [URL][Edit]
34 2014.03.31 Mon 17:58  rika #-
>ガチ坊さん
正直言って、無料で見られるし、
図書館のちょっとしたスペースで行われる展示のようだったので
あまり期待するまいと思って見に行ったのですが、
予想外の充実した展示でしたよ(^^)
Re: あ、凄い。  [URL][Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://gekigakko.blog.fc2.com/tb.php/76-630b1d56
検索フォーム
カテゴリ
タグ

佐藤まさあき  宮谷一彦  佐藤プロ  小学館  日本文芸社  高橋まさゆき  署名入  岡友彦  集英社  呪みちる  辰巳ヨシヒロ  宮西計三  ぶんか社  小島剛夕  菅まさひこ  平凡社  山川惣治  別冊太陽  長田ノオト  高橋真琴  青林堂  花輪和一  太田出版  T・ながさわ  久しゅういち  ブロンズ社  朝日ソノラマ  三洋社  丸尾末廣  松森正  望月あきら  青林工藝舎  ソフトマジック  楳図かずお  けいせい出版  旭丘光志  K・元美津  チクマ秀出版社  ありかわ栄一  久保書店  萩尾望都  ひさうちみちお  魔夜峰央  白泉社  リイド社  谷口トモオ  つばめ出版  伊藤潤二  セントラル文庫  東考社  文藝春秋  エイプリル出版  徳間書店  美術出版社  桜井昌一  光文社  松文館  風忍  奇想天外社  篠原とおる  石川フミヤス  水木しげる  さいとう・たかを  五十嵐幸吉  楠勝平  つげ義春  白土三平  開扇亭  園田光慶  巴里夫  みやはら啓一  長島すすむ  湧井和夫  太平洋文庫  橋本将治  谷川きよし  あずま社  木村よしかず  うえき・まさし  山口賢裕  真田賢治  角川書店  ヒロ書房  彷徨舎  アルフォンス・イノウエ  奢霸都館  復刊ドットコム  兎月書房  日の丸文庫  落合芳幾  リブロポート  栗原としあき  伊藤彦造  講談社  いとう芳明  柏原慎太郎  宝島社  別冊宝島  鬼道譲二  村山一夫  えすとりあ  吉田竜夫  エンゼル文庫  月岡芳年  

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

rika

Author:rika
年齢:80年代生まれ
性別:女
身分:会社員

佐藤まさあきの劇画が好きなので、佐藤まさあきの本が多くなりがちです。


当ブログでは本の雰囲気が伝わるように書影等をのせています。
当ブログの画像について不都合がありましたら速やかに対処いたしますのでお知らせください。

連絡先
specola5★hotmail.co.jp
(★→@)

いろいろ
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。